×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
Founders of Spirit Soul Flavor
 
     
  KEISUKE  
IZURU

新進気鋭ブランドImpriessonの代表でありファッション×ミュージックをリンクさせ環境問題に根をおろしたイベントSpirit Soul Flavorオーガナイザーでもある。DJとしても活動しておりJAZZを中心にラテン ハウス,レゲエ SKAetc幅広くプレイしオーディエンスを魅了する選曲は共感をよんでいる。主な共演に小林径(RoutinejAZZ) ミズモトアキラ Tsutchie(シャカゾンビ) サワサキヨシヒロ コバヤシケン(ケムリ) Ryohei(jAZZ in the life)順不同

グラブジャムンのSAXであり数々のイベントのオーガナイズを経て今回SSFに参戦。過去の主なイベントとして「FACE THE GROOVE」参加アーティストRIPSLYME:SKASKA CLUB:PANI CREW:DJ KOYA DJ KANGO etc...「FINAL HOME」参加アーティストDJ 19:DJ TOKUNAGA etc...「Baby Spuad」参加アーティストBEANBAG:babamania:the PeteBest etc...

   
 
SSF COOPERATORS (過去に参加して頂き、協力して頂いているアーティストの皆様)順不同です。
     
  1974年8月6日浦和市生まれ。'99年にはSony Music SDM主催の[The Another Goal'99]オーディションでグランプリを受賞。ASR内に椎名純平のために設立されたレーベル「STRUTTIN’」(ストラッティン)から2000年11月8日シングル「世界」でメジャーデビュー。2001年7月18日には デビューアルバム「椎名純平」をリリース。物語のように自身の恋愛観、風景をつづったこの作品はとてもデビュー作とは思えない内容になっている。2002年は自身のレーベル「Struttin'」を継続させながら新設レーベル「NEW DIGSOUL」の主軸を担い、5月には第1弾となるカバーアルバム「discover」をリリース。TWIGY、東京スカパラダイスオーケストラの3管ブラスセクション、実妹である椎名林檎等をゲストに迎え、椎名純平の新世界が発見出来る話題作となった。同年結婚、4月には愛娘誕生。影響を受けたアーティストは、マーヴィン・ゲイ、テディ・ライリー、ディアンジェロ等
  椎名純平 手作り感溢れる素敵なイベントですね。これからも続けてください。機会があればまた出して!
     
 

タブゾンビ(Tp)、社長、丈青(p)、元晴(s)、みどりん(ds)、秋田ゴールドマン(b)の6人による爆音ジャズ・バンド。2001年結成。ライブでのパフォーマンスを中心とした活動を身上とし、ジャズを核にすえながら、独自のパワフルかつ骨太なサウンドを追求し続けている。2002年6月にはフランスのtom&joyceの日本公演においてサポートを務める。また、U.F.O.のパーティー『JAZZIN'』、渋谷ルームの一曲入魂などさまざまなイベントに参加。2003年には、音源リリースがないにもかかわらず、FUJIROCK FESTIVALのフィールド・オブ・ヘブンに登場、喝采を浴びた。年末には、MOTION BLUE YOKOHAMAカウントダウン3DAYSを成功させる。

  SOIL&"PIMP"SESSIONS  
     
 

HIP HOP グループSHAKKAZOMBIEのトラックメーカー兼プロデューサーであり世界に誇るビートマスター。またBUDDHA BRAND、くるり、BACK DROP BOMB....etcなど数多くのアーティストのプロデュース/リミックスを手掛け、質の高い作品を世に送り続けている。ソロ活動としては昨年、アルバム"THANKS FOR LISTENING"(cutting edge)を発表。ECD,渡辺俊美(TOKYO NO.1 SOUL SET)、DABO、曽我部恵一等をゲストに招きHIPHOP界のみならず他ジャンル方面からも高い支持を得る。2ndアルバム『This Is A Recording』を12月4日リリース!聴けば納得!のアブストラクト・ヒップホップに感銘受けるはず。ポスト・ロックもジャズもヒップホップも、全て一緒くたに楽しめる『This Is A Recording』に期待大。
日本のHIP HOP界においてはなくてはならない存在である。

  Tsuchie(シャカゾンビ) 久々にアットホームな良いイベントに参加できました。スタッフみんなが楽しくやろうっていう気持ちがすごく伝わってくる感じです。また機会がありましたら誘って下さい。
     
 

★BEAT CRUSADERS(ビート・クルセーダース)のヒダカトオルとカトウタロウに、BROKENSPACE(ブロークン・スペース)のイワハラを加えた3人組ユニット。「21世紀の唄モノ」をコンセプトに、白人音楽と黒人音楽をアジアチックな視点で軽やかかつ実験的に(気分で)融合していくネオアコBAND。ライブは管楽器やパーカッション等のサポートを入れて演ってます。リリースは今のところカセット手売りのみですが、年内にはCDを出す予定です。

  GALLOW 朝まで生GROOVE、そして可愛い女の子。僕らが出たオールナイトイベントはそんな感じのイカシた夜でした。心も身体も心地よい疲労感、楽しかったです。そして僕らが共感したのは裏テーマ「自然にやさしく」、タバコのポイ捨てカッコ悪いよね。 カトウタロウ/GALLOW
     
  現在はイヴェントのプロデューサーとして活躍中。一方音源制作では、ラスト・ポエッツのウマービン・ハッサン、ハウイB等が参加したroutin。手掛けREMIX作品も数多く、それらはSOUL BOSSA TORIO, ZEEBRA, FEMI KUTI, beret, JACKSON5, CoolDrive Makers,Horace Silver,Jackie & Roy等に代表され、2003年から自身のレーベルRoutine Jazz Label ,Routine Funk Labelを立ち上げ、ジャンルの枠組みを超え彼独自の世界観を表現し続けている。2003年から小林径氏とB-Bandj氏(元モンド・グロッソ、現在は瘋癲で活躍中)の新しいユニット『Dark Shadow』を展開する、Routine Jazzは現在青山はfaiにて第3月曜日に定期的に行われているカリスマ的なイヴェントである。
  小林径